京都での交通事故が少ない理由とは

交通事故1

全国的に交通事故の増加が大きな問題となっていますが、京都府でもその状況には違いがありません。しかし、他の都道府県に比べると京都府では比較的交通事故の発生が少なく抑えられています。京都府で交通事故が少ないのにはどのような理由があるのでしょうか。

現地で行われている取り組みや地域的な特徴について考察してみましょう。

京都府は交通事故が起こりやすい条件は揃っている

交通事故12

京都府で交通事故が比較的少ないのは地域的に起こりにくいからではないかと考える人もいるでしょう。事故が少ないのは人通りも車の数も少なく、見通しの良い交差点ばかりであまり事故を起こすような地域ではないからという場合もあるのは確かです。

しかし、京都府の場合にはその理由が当てはまらないでしょう。市街地には高層ビルも林立していて、各地には塀をしっかりと持っている昔ながらの家並みがあります。所狭しと家が立ち並んでいる場所も多く、狭くて見通しのきかない交差点も多いのが京都の実情です。

確かに田舎の方に行けば道も広くて見通しも良いですが、京都市内ともなると比較的狭い道を車が行き交っています。狭い道でも原動機付自転車やバイクなどがスピードを出している場合もあります。さらに、観光地としてもビジネスの要地としても知られているため、人の出入りも多くて昼間の人口密度も高くなっています。

そのため、京都府には交通事故が起こりやすい環境が整っていると言えるでしょう。参考元>弁護士法人アディーレ法律事務所 > 交通事故慰謝料

しかし、それでも様々な取り組みによって交通事故の数が比較的少なく、死亡者数に至っては減少しつつあるのが現状です。

交通事故情報は克明に警察署が発信している

車5

どの都道府県でも交通事故情報について警察署が取りまとめて情報発信をしているでしょう。京都府でも交通事故に関する統計を行っていて、京都府警察署によって公開されています。地域別の死亡事故件数や年齢層別の死者数、状態別の死者数などに分けて統計データを示しているのは他の地域と変わりはあまりありません。

しかし、あらゆるデータをグラフ化して視覚的にわかりやすくまとめているのは京都府警察署が工夫している点でしょう。数字で交通事故の発生数を表にまとめてあったとしてもあまり直感的には数字の大きさがわかりません。

本当に交通事故がたくさん起こっていて危険なのかが一目ではわからない人も多いでしょう。最近になって交通事故が増えてきているのか、減ってきているのかも数字が並んでいるだけではわかりにくいのは確かです。しかし、棒グラフや円グラフなどを使って表示するだけですぐに見てわかるようになります。

グラフにするという小さな手間をかけるだけで、交通事故状況について知りたいと思った人に訴えかける力が強まるのです。学校教育などでも交通事故について学ぶ機会がありますが、自動車教習所などでも当然のように地域の交通事故状況について知る機会があります。

その際によく事故の多さを理解してもらえる資料が簡単に手に入るので、多くの人が実感を持って交通事故のリスクが高いのだと認識しているのです。危険に対する意識を高めるための一工夫を警察がしていることで京都での事故発生率が低めになっています。

警察署の取り組みとして大きい交通事故発生マップとは

京都府警察署がさらに力を入れて取り組んでいるのが交通事故発生マップの作成です。どこでどんな交通事故が起こっているのかを一目でわかるようにまとめたマップで、オンラインで簡単に入手できる他、印刷されたものも警察署などで手に入れられるようになっています。

事故発生マップは定期的に更新されていて、今年になってどのくらいの事故がどこで起こったのかが丸印で示されているのが特徴です。そして、努力の様子がありありとわかるのが、事故の種類や地域によって細かく分けたマップを作成して配布していることでしょう。

全人身事故を載せたマップもありますが、死亡事故だけにしたものもあります。本当に事故に遭ったら危険なのはどこかを認識するのに適しているマップです。高齢者事故に特化したマップもあり、高齢者が出歩くときにはどこに気をつけるべきか、車のドライバーがどこで高齢者との事故を懸念すべきなのか、といったこともわかるでしょう。

自転車事故、歩行者事故、原付事故、自動二輪事故といった分類もあります。自分がどのような状況で京都府内を移動するかによって、どこで特に事故に気をつけるべきかがはっきりとわかるのです。京都市内は区ごとに分け、京都市外も大まかに区分して詳細な交通事故発生マップが作り上げられているので、行き先や生活地域に応じて適切なマップを手に入れることができます。

警察のたゆまぬ努力が京都に住んでいる人の事故に対する意識を高めていると言えるでしょう。

交通事故発生マップがあるから自治体が改善を目指せる

交通事故発生マップはただ危険に対して意識を向けさせているだけではありません。交通事故が起こりやすい地域だと一目でわかってしまうと、自治体としては改善を目指さなければならないでしょう。特に事故が多い交差点だとわかったらミラーを設置したり、信号機を付けたり、横断歩道を作ったりするなど、交通事故を起こしにくくする取り組みが積極的に展開されています。

その情報源として交通事故発生マップは優れているものでしょう。自治体に改善するようにうまく働きかける力ともなり、さらに改善をするための方向性も示す結果になっているのです。地元の事情は地元民がよく知っているので、京都府警察署が直接指導するよりも地元の人が考えてより良い形に整えていった方が効果的でしょう。

交通事故発生マップはこのような動きを上手に促しているのです。

交通事故で負傷書がいたら必ず救急車を呼ぶ!救急車が来るまでの対応策!

交通事故に関する呼びかけにも積極的な京都

人の出入りが多い京都府では地元の人だけが意識改革をしても交通事故が大きく減るわけではないでしょう。観光客などにも事故のリスクが高い場所だという意識を持ってもらわなければなりません。

そのために交通事故に関する呼びかけも京都府では積極的に行われています。地域の警察署が主導して交通安全の呼びかけをするだけではありません。自治体で集まって街頭で交通事故に関する呼びかけをするなど、地域レベルでの取り組みが活発に行われています。

結果としてふと京都を訪れた人も交通安全や交通事故といったキーワードが記憶に残り、安全な京都府への滞在ができていると考えられるでしょう。